logo.png

heroimg

自治体・民間企業と共に新たな地域交通サービスの立ち上げ

heroimg

自治体・民間企業と共に新たな地域交通サービスの立ち上げ

自治体・民間企業と共に新たな地域交通サービスの立ち上げ

〜電脳交通が提供する、地域交通を支えるソリューション〜
電脳交通は、自社システムとサービス提供で培ったノウハウを元に地域交通により深く寄り添い、自治体や民間企業と連携し、地域の利便性や観光の課題解決に繋がる新しいサービスを立ち上げています。
電脳交通は、自社システムとサービス提供で培ったノウハウを元に地域交通により深く寄り添い、
自治体や民間企業と連携し、地域の利便性や観光の課題解決に繋がる新しいサービスを立ち上げています。

■ 地域交通を支える電脳交通のソリューション

■ 地域交通を支える電脳交通のソリューション

柔軟なビジネス設計


経営改善、収益源の創出、都道府県・市区町村など自治体サービスなど、目的と状況に応じて柔軟なビジネス設計

自社システムとリソースの提供


自社開発のクラウドシステムとタクシー配車センターのリソースを提供し、設計したビジネスの実現に必要なフローを設計します。

中〜長期でしっかりサポート


実証実験から正式サービス開始、その後の改善まで、共に現場で並走しながらプロジェクトを進めていきます。

これまでの実績を元にしたノウハウ


超広域エリアから特定地域向けのサービスまで、官民両方とのプロジェクト推進、観光地から交通空白地帯まで、多様なノウハウを提供

柔軟なビジネス設計


経営改善、収益源の創出、都道府県・市区町村など自治体サービスなど、目的と状況に応じて柔軟なビジネス設計

自社システムとリソースの提供


自社開発のクラウドシステムとタクシー配車センターのリソースを提供し、設計したビジネスの実現に必要なフローを設計します。

中〜長期でしっかりサポート


実証実験から正式サービス開始、その後の改善まで、共に現場で並走しながらプロジェクトを進めていきます。

これまでの実績を元にしたノウハウ


超広域エリアから特定地域向けのサービスまで、官民両方とのプロジェクト推進、観光地から交通空白地帯まで、多様なノウハウを提供

柔軟なビジネス設計


経営改善、収益源の創出、都道府県・市区町村など自治体サービスなど、目的と状況に応じて柔軟なビジネス設計

自社システムとリソースの提供


自社開発のクラウドシステムとタクシー配車センターのリソースを提供し、設計したビジネスの実現に必要なフローを設計します。

中〜長期でしっかりサポート


実証実験から正式サービス開始、その後の改善まで、共に現場で並走しながらプロジェクトを進めていきます。

これまでの実績を元にしたノウハウ


超広域エリアから特定地域向けのサービスまで、官民両方とのプロジェクト推進、観光地から交通空白地帯まで、多様なノウハウを提供

柔軟なビジネス設計


経営改善、収益源の創出、都道府県・市区町村など自治体サービスなど、目的と状況に応じて柔軟なビジネス設計

自社システムとリソースの提供


自社開発のクラウドシステムとタクシー配車センターのリソースを提供し、設計したビジネスの実現に必要なフローを設計します。

中〜長期でしっかりサポート


実証実験から正式サービス開始、その後の改善まで、共に現場で並走しながらプロジェクトを進めていきます。

これまでの実績を元にしたノウハウ


超広域エリアから特定地域向けのサービスまで、官民両方とのプロジェクト推進、観光地から交通空白地帯まで、多様なノウハウを提供

■ 事例紹介

■ 事例紹介

Case01

徳島県おもてなしタクシー

【期間】2019年10月〜
【関係団体】徳島県おもてなしタクシー協議会、県内の各タクシー会社

複数のタクシー会社に跨る認定運転手のタクシー車両を1本の電話で横断的に配車
目的は利用者の利便性や配車実績の向上
bizdev_case01.jpg

背景と課題

観光客に、より安全で快適な徳島観光を楽しんでいただくと同時に、生活者に日常の移動に利用いただけるよう「安全運転」「接客マナー」「徳島の観光知識」の研修と試験に合格し、認定を受けた運転手が乗務するタクシーとしてスタート。しかし従来は県内のタクシー会社ごとの電話番号に問合せる必要があったため、利用者はどの番号に掛けたらいいかわかりづらい状況だった。

解決に向けた取り組みと反響

電脳交通の配車システムを導入し、統合配車を実現。利用者側の問い合わせ窓口を一本化し、コールセンターも電脳交通に委託。その結果1回の電話でスピーディに配車が可能となり利便性が向上。
bizdev_case01.jpg
Case01

徳島県おもてなしタクシー

【期間】2019年10月〜
【関係団体】徳島県おもてなしタクシー協議会、県内の各タクシー会社

複数のタクシー会社に跨る認定運転手のタクシー車両を1本の電話で横断的に配車
目的は利用者の利便性や配車実績の向上

背景と課題

観光客に、より安全で快適な徳島観光を楽しんでいただくと同時に、生活者に日常の移動に利用いただけるよう「安全運転」「接客マナー」「徳島の観光知識」の研修と試験に合格し、認定を受けた運転手が乗務するタクシーとしてスタート。しかし従来は県内のタクシー会社ごとの電話番号に問合せる必要があったため、利用者はどの番号に掛けたらいいかわかりづらい状況だった。

解決に向けた取り組みと反響

電脳交通の配車システムを導入し、統合配車を実現。利用者側の問い合わせ窓口を一本化し、コールセンターも電脳交通に委託。その結果1回の電話でスピーディに配車が可能となり利便性が向上。

Case02

JR西日本 せとうちエリア観光型MaaS「setowa」

【期間】2019年10月〜
【関係団体】JR西日本、株式会社日本旅行、一般社団法人しまなみジャパン、ほか各社

観光時の移動ルートでタクシーが必要な際、円滑に配車する仕組み
JR西日本が展開する観光アプリ「setowa」内で連携
bizdev_case02_1.jpg

背景と課題

瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けてJR西日本が主体となり、出発地から目的地まで新幹線をはじめとする鉄道のほか現地での船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通機関や観光情報をスマートフォンから検索・予約・決済できる統合型サービス「setowa」。2019年の実証実験段階では、サービスエリア内の電脳交通導入済みタクシー会社の電話番号を載せる形でサービス連携。複数の県に跨るサービスエリア内のタクシー会社を呼び出す窓口がバラバラであるため利用者側に手間がかかり、一本化したい状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

2020年の本サービス開始段階からは従来各タクシー事業者ごとに別々だった配車受付窓口をエリア毎にまとめ、電脳交通側で一本化。また、サービス内のタクシーを呼ぶ又は予約する画面とユーザーの位置情報から該当するエリアの電話番号を自動判別して表示する方式で連携を行った。これにより利用者は地域に応じて表示される電脳交通コールセンター直通の番号へ電話を掛けるだけで車両手配が出来るため、観光時にて鉄道等では行きづらい場所・ルートでの利便性が向上。
bizdev_case02_1.jpg
Case02

JR西日本 せとうちエリア観光型MaaS「setowa」

【期間】2019年10月〜
【関係団体】JR西日本、株式会社日本旅行、一般社団法人しまなみジャパン、ほか各社

観光時の移動ルートでタクシーが必要な際、円滑に配車する仕組み
JR西日本が展開する観光アプリ「setowa」内で連携

背景と課題

瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けてJR西日本が主体となり、出発地から目的地まで新幹線をはじめとする鉄道のほか現地での船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通機関や観光情報をスマートフォンから検索・予約・決済できる統合型サービス「setowa」。2019年の実証実験段階では、サービスエリア内の電脳交通導入済みタクシー会社の電話番号を載せる形でサービス連携。複数の県に跨るサービスエリア内のタクシー会社を呼び出す窓口がバラバラであるため利用者側に手間がかかり、一本化したい状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

2020年の本サービス開始段階からは従来各タクシー事業者ごとに別々だった配車受付窓口をエリア毎にまとめ、電脳交通側で一本化。また、サービス内のタクシーを呼ぶ又は予約する画面とユーザーの位置情報から該当するエリアの電話番号を自動判別して表示する方式で連携を行った。これにより利用者は地域に応じて表示される電脳交通コールセンター直通の番号へ電話を掛けるだけで車両手配が出来るため、観光時にて鉄道等では行きづらい場所・ルートでの利便性が向上。

Case03

広島県尾道市グリーンスローモビリティ

【期間】2019年11月〜
【関係団体】尾道市、西日本旅客鉄道、備三タクシー、本四バス開発、瀬戸内ブランドコーポレーション、日本総合研究所

車両の動態管理、利用予約に電脳交通のシステムを活用​
市街地と生口島(瀬戸田)で異なる活用手段アプローチ
bizdev_case04.jpg

背景と課題

環境省と国交省が推進する「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」の対象エリアとして採択された広島県尾道市において共同事業者である尾道市、JR西日本、地域の交通事業者とともに運行開始に向けたIoTの活用について検討を進めていた。検討を進める中で運行管理および利用者への「車両位置の見える化」のため動態管理の仕組みが必要な状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

既にタクシー運行で実績を重ねていた電脳交通の配車システムをカスタマイズし、グリーンスローモビリティ(コミュニティバスのような運行形態)の動態管理システムとして活用。車両の運行状況は地元利用者および観光客も閲覧が可能であり、利用者の利便性向上および運行管理業務負荷軽減に貢献している。また2020年7月から運行開始した瀬戸田エリアでは、島の移動拠点となる瀬戸田港に乗り入れする船との接続を考慮した運行ダイヤを組み、グリーンスローモビリティの事前予約機能を新たに提供。中長期的には島に住む地元住民の交通手段としての活用も視野に入れている。
bizdev_case04.jpg
Case03

広島県尾道市グリーンスローモビリティ

【期間】2019年11月〜
【関係団体】尾道市、西日本旅客鉄道、備三タクシー、本四バス開発、瀬戸内ブランドコーポレーション、日本総合研究所

車両の動態管理、利用予約に電脳交通のシステムを活用​
市街地と生口島(瀬戸田)で異なる活用手段アプローチ

背景と課題

環境省と国交省が推進する「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」の対象エリアとして採択された広島県尾道市において共同事業者である尾道市、JR西日本、地域の交通事業者とともに運行開始に向けたIoTの活用について検討を進めていた。検討を進める中で運行管理および利用者への「車両位置の見える化」のため動態管理の仕組みが必要な状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

既にタクシー運行で実績を重ねていた電脳交通の配車システムをカスタマイズし、グリーンスローモビリティ(コミュニティバスのような運行形態)の動態管理システムとして活用。車両の運行状況は地元利用者および観光客も閲覧が可能であり、利用者の利便性向上および運行管理業務負荷軽減に貢献している。また2020年7月から運行開始した瀬戸田エリアでは、島の移動拠点となる瀬戸田港に乗り入れする船との接続を考慮した運行ダイヤを組み、グリーンスローモビリティの事前予約機能を新たに提供。中長期的には島に住む地元住民の交通手段としての活用も視野に入れている。

Case04

徳島県徳島市「電脳デリ」

【期間】2020年5月〜
【関係団体】お持ち帰りデリ・とくしま、複数のタクシー事業者

コロナ禍における飲食店とタクシー業界支援の取組み
既存システムを活用し、企画立案からわずか2週間でスタート
bizdev_case06.jpg
Copyright © 2020 omochikaeri-deli TOKUSHIMA. All rights reserved.

背景と課題

新型コロナの流行と緊急事態宣言の発令により、飲食店・タクシー業界の売上が激減。都市部のようにUberEatsなどのデリバリーインフラもない環境の中で、国交省から特例措置としてタクシーによる有償貨物配送(飲食物)が認められたことを背景に、テイクアウト可能な飲食店まとめサイト運営事業者と連携してタクシーを使ったテイクアウトメニューの配送サービスを検討していた。

解決に向けた取り組みと反響

元々提供していた配車システムとコールセンターの仕組み、そして既に電脳交通のサービスを導入していたタクシー会社を交えて企画検討がスタートしわずか2週間でサービス開始にこぎつけた。飲食店側のデリバリー人員、利用者側の「受け取りにいく必要がある」という負担を軽減するだけでなく、コロナの影響で利用者が減っていた飲食店・タクシー業界にも需要を産み出し売上に貢献することができている。
https://omochikaeri-deli.com/
bizdev_case06.jpg
Copyright © 2020 omochikaeri-deli TOKUSHIMA. All rights reserved.
Case04

徳島県徳島市「電脳デリ」

【期間】2020年5月〜
【関係団体】お持ち帰りデリ・とくしま、複数のタクシー事業者

コロナ禍における飲食店とタクシー業界支援の取組み
既存システムを活用し、企画立案からわずか2週間でスタート

背景と課題

新型コロナの流行と緊急事態宣言の発令により、飲食店・タクシー業界の売上が激減。都市部のようにUberEatsなどのデリバリーインフラもない環境の中で、国交省から特例措置としてタクシーによる有償貨物配送(飲食物)が認められたことを背景に、テイクアウト可能な飲食店まとめサイト運営事業者と連携してタクシーを使ったテイクアウトメニューの配送サービスを検討していた。

解決に向けた取り組みと反響

元々提供していた配車システムとコールセンターの仕組み、そして既に電脳交通のサービスを導入していたタクシー会社を交えて企画検討がスタートしわずか2週間でサービス開始にこぎつけた。飲食店側のデリバリー人員、利用者側の「受け取りにいく必要がある」という負担を軽減するだけでなく、コロナの影響で利用者が減っていた飲食店・タクシー業界にも需要を産み出し売上に貢献することができている。
https://omochikaeri-deli.com/
Case01

徳島県おもてなしタクシー

【期間】2019年10月〜
【関係団体】徳島県おもてなしタクシー協議会、県内の各タクシー会社

複数のタクシー会社に跨る認定運転手のタクシー車両を1本の電話で横断的に配車
目的は利用者の利便性や配車実績の向上
bizdev_case01.jpg

背景と課題

観光客に、より安全で快適な徳島観光を楽しんでいただくと同時に、生活者に日常の移動に利用いただけるよう「安全運転」「接客マナー」「徳島の観光知識」の研修と試験に合格し、認定を受けた運転手が乗務するタクシーとしてスタート。しかし従来は県内のタクシー会社ごとの電話番号に問合せる必要があったため、利用者はどの番号に掛けたらいいかわかりづらい状況だった。

解決に向けた取り組みと反響

電脳交通の配車システムを導入し、統合配車を実現。利用者側の問い合わせ窓口を一本化し、コールセンターも電脳交通に委託。その結果1回の電話でスピーディに配車が可能となり利便性が向上。
bizdev_case01.jpg
Case01

徳島県おもてなしタクシー

【期間】2019年10月〜
【関係団体】徳島県おもてなしタクシー協議会、県内の各タクシー会社

複数のタクシー会社に跨る認定運転手のタクシー車両を1本の電話で横断的に配車
目的は利用者の利便性や配車実績の向上

背景と課題

観光客に、より安全で快適な徳島観光を楽しんでいただくと同時に、生活者に日常の移動に利用いただけるよう「安全運転」「接客マナー」「徳島の観光知識」の研修と試験に合格し、認定を受けた運転手が乗務するタクシーとしてスタート。しかし従来は県内のタクシー会社ごとの電話番号に問合せる必要があったため、利用者はどの番号に掛けたらいいかわかりづらい状況だった。

解決に向けた取り組みと反響

電脳交通の配車システムを導入し、統合配車を実現。利用者側の問い合わせ窓口を一本化し、コールセンターも電脳交通に委託。その結果1回の電話でスピーディに配車が可能となり利便性が向上。

Case02

JR西日本 せとうちエリア観光型MaaS「setowa」

【期間】2019年10月〜
【関係団体】JR西日本、株式会社日本旅行、一般社団法人しまなみジャパン、ほか各社

観光時の移動ルートでタクシーが必要な際、円滑に配車する仕組み
JR西日本が展開する観光アプリ「setowa」内で連携
bizdev_case02_1.jpg

背景と課題

瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けてJR西日本が主体となり、出発地から目的地まで新幹線をはじめとする鉄道のほか現地での船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通機関や観光情報をスマートフォンから検索・予約・決済できる統合型サービス「setowa」。2019年の実証実験段階では、サービスエリア内の電脳交通導入済みタクシー会社の電話番号を載せる形でサービス連携。複数の県に跨るサービスエリア内のタクシー会社を呼び出す窓口がバラバラであるため利用者側に手間がかかり、一本化したい状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

2020年の本サービス開始段階からは従来各タクシー事業者ごとに別々だった配車受付窓口をエリア毎にまとめ、電脳交通側で一本化。また、サービス内のタクシーを呼ぶ又は予約する画面とユーザーの位置情報から該当するエリアの電話番号を自動判別して表示する方式で連携を行った。これにより利用者は地域に応じて表示される電脳交通コールセンター直通の番号へ電話を掛けるだけで車両手配が出来るため、観光時にて鉄道等では行きづらい場所・ルートでの利便性が向上。
bizdev_case02_1.jpg
Case02

JR西日本 せとうちエリア観光型MaaS「setowa」

【期間】2019年10月〜
【関係団体】JR西日本、株式会社日本旅行、一般社団法人しまなみジャパン、ほか各社

観光時の移動ルートでタクシーが必要な際、円滑に配車する仕組み
JR西日本が展開する観光アプリ「setowa」内で連携

背景と課題

瀬戸内エリアへの観光誘客拡大に向けてJR西日本が主体となり、出発地から目的地まで新幹線をはじめとする鉄道のほか現地での船舶、バス、タクシー、レンタカー、レンタサイクル、カーシェアリングなどの交通機関や観光情報をスマートフォンから検索・予約・決済できる統合型サービス「setowa」。2019年の実証実験段階では、サービスエリア内の電脳交通導入済みタクシー会社の電話番号を載せる形でサービス連携。複数の県に跨るサービスエリア内のタクシー会社を呼び出す窓口がバラバラであるため利用者側に手間がかかり、一本化したい状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

2020年の本サービス開始段階からは従来各タクシー事業者ごとに別々だった配車受付窓口をエリア毎にまとめ、電脳交通側で一本化。また、サービス内のタクシーを呼ぶ又は予約する画面とユーザーの位置情報から該当するエリアの電話番号を自動判別して表示する方式で連携を行った。これにより利用者は地域に応じて表示される電脳交通コールセンター直通の番号へ電話を掛けるだけで車両手配が出来るため、観光時にて鉄道等では行きづらい場所・ルートでの利便性が向上。

Case03

広島県尾道市グリーンスローモビリティ

【期間】2019年11月〜
【関係団体】尾道市、西日本旅客鉄道、備三タクシー、本四バス開発、瀬戸内ブランドコーポレーション、日本総合研究所

車両の動態管理、利用予約に電脳交通のシステムを活用​
市街地と生口島(瀬戸田)で異なる活用手段アプローチ
bizdev_case04.jpg

背景と課題

環境省と国交省が推進する「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」の対象エリアとして採択された広島県尾道市において共同事業者である尾道市、JR西日本、地域の交通事業者とともに運行開始に向けたIoTの活用について検討を進めていた。検討を進める中で運行管理および利用者への「車両位置の見える化」のため動態管理の仕組みが必要な状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

既にタクシー運行で実績を重ねていた電脳交通の配車システムをカスタマイズし、グリーンスローモビリティ(コミュニティバスのような運行形態)の動態管理システムとして活用。車両の運行状況は地元利用者および観光客も閲覧が可能であり、利用者の利便性向上および運行管理業務負荷軽減に貢献している。また2020年7月から運行開始した瀬戸田エリアでは、島の移動拠点となる瀬戸田港に乗り入れする船との接続を考慮した運行ダイヤを組み、グリーンスローモビリティの事前予約機能を新たに提供。中長期的には島に住む地元住民の交通手段としての活用も視野に入れている。
bizdev_case04.jpg
Case03

広島県尾道市グリーンスローモビリティ

【期間】2019年11月〜
【関係団体】尾道市、西日本旅客鉄道、備三タクシー、本四バス開発、瀬戸内ブランドコーポレーション、日本総合研究所

車両の動態管理、利用予約に電脳交通のシステムを活用​
市街地と生口島(瀬戸田)で異なる活用手段アプローチ

背景と課題

環境省と国交省が推進する「IoT技術等を活用したグリーンスローモビリティの効果的導入実証事業」の対象エリアとして採択された広島県尾道市において共同事業者である尾道市、JR西日本、地域の交通事業者とともに運行開始に向けたIoTの活用について検討を進めていた。検討を進める中で運行管理および利用者への「車両位置の見える化」のため動態管理の仕組みが必要な状況にあった。

解決に向けた取り組みと反響

既にタクシー運行で実績を重ねていた電脳交通の配車システムをカスタマイズし、グリーンスローモビリティ(コミュニティバスのような運行形態)の動態管理システムとして活用。車両の運行状況は地元利用者および観光客も閲覧が可能であり、利用者の利便性向上および運行管理業務負荷軽減に貢献している。また2020年7月から運行開始した瀬戸田エリアでは、島の移動拠点となる瀬戸田港に乗り入れする船との接続を考慮した運行ダイヤを組み、グリーンスローモビリティの事前予約機能を新たに提供。中長期的には島に住む地元住民の交通手段としての活用も視野に入れている。

Case04

徳島県徳島市「電脳デリ」

【期間】2020年5月〜
【関係団体】お持ち帰りデリ・とくしま、複数のタクシー事業者

コロナ禍における飲食店とタクシー業界支援の取組み
既存システムを活用し、企画立案からわずか2週間でスタート
bizdev_case06.jpg
Copyright © 2020 omochikaeri-deli TOKUSHIMA. All rights reserved.

背景と課題

新型コロナの流行と緊急事態宣言の発令により、飲食店・タクシー業界の売上が激減。都市部のようにUberEatsなどのデリバリーインフラもない環境の中で、国交省から特例措置としてタクシーによる有償貨物配送(飲食物)が認められたことを背景に、テイクアウト可能な飲食店まとめサイト運営事業者と連携してタクシーを使ったテイクアウトメニューの配送サービスを検討していた。

解決に向けた取り組みと反響

元々提供していた配車システムとコールセンターの仕組み、そして既に電脳交通のサービスを導入していたタクシー会社を交えて企画検討がスタートしわずか2週間でサービス開始にこぎつけた。飲食店側のデリバリー人員、利用者側の「受け取りにいく必要がある」という負担を軽減するだけでなく、コロナの影響で利用者が減っていた飲食店・タクシー業界にも需要を産み出し売上に貢献することができている。
https://omochikaeri-deli.com/
bizdev_case06.jpg
Copyright © 2020 omochikaeri-deli TOKUSHIMA. All rights reserved.
Case04

徳島県徳島市「電脳デリ」

【期間】2020年5月〜
【関係団体】お持ち帰りデリ・とくしま、複数のタクシー事業者

コロナ禍における飲食店とタクシー業界支援の取組み
既存システムを活用し、企画立案からわずか2週間でスタート

背景と課題

新型コロナの流行と緊急事態宣言の発令により、飲食店・タクシー業界の売上が激減。都市部のようにUberEatsなどのデリバリーインフラもない環境の中で、国交省から特例措置としてタクシーによる有償貨物配送(飲食物)が認められたことを背景に、テイクアウト可能な飲食店まとめサイト運営事業者と連携してタクシーを使ったテイクアウトメニューの配送サービスを検討していた。

解決に向けた取り組みと反響

元々提供していた配車システムとコールセンターの仕組み、そして既に電脳交通のサービスを導入していたタクシー会社を交えて企画検討がスタートしわずか2週間でサービス開始にこぎつけた。飲食店側のデリバリー人員、利用者側の「受け取りにいく必要がある」という負担を軽減するだけでなく、コロナの影響で利用者が減っていた飲食店・タクシー業界にも需要を産み出し売上に貢献することができている。
https://omochikaeri-deli.com/