logo.png

heroimg

CORPORATION

heroimg

CORPORATION

CORPORATION

会社概要

■ 会社概要

■ 会社概要

会社名
株式会社電脳交通
所在地
本社:徳島県徳島市幸町3丁目101 リーガルアクシスビル4F(googleマップ)
東京サテライトオフィス:東京都千代田区丸の内1丁目1−3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階 ビジネスエアポート東京(googleマップ)
設立
2015年12月17日
資本金
資本金 454,096,560円
資本準備金 437,596,560円
(※2020年10月15日時点)
事業内容
タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス
主要株主
株式会社Mobility Technologies(旧JapanTaxi株式会社)
株式会社JR西日本イノベーションズ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社ブロードバンドタワー
三菱商事株式会社
エムケイ株式会社
第一交通産業株式会社
JR東日本スタートアップ株式会社
株式会社阿波銀行
いよぎんキャピタル株式会社
※敬称略順不同
会社名
株式会社電脳交通
所在地
本社:徳島県徳島市幸町3丁目101 リーガルアクシスビル4F(googleマップ)
東京サテライトオフィス:東京都千代田区丸の内1丁目1−3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階 ビジネスエアポート東京(googleマップ)
設立
2015年12月17日
資本金
資本金 454,096,560円
資本準備金 437,596,560円
(※2020年10月15日時点)
事業内容
タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス
主要株主
株式会社Mobility Technologies(旧JapanTaxi株式会社)
株式会社JR西日本イノベーションズ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社ブロードバンドタワー
三菱商事株式会社
エムケイ株式会社
第一交通産業株式会社
JR東日本スタートアップ株式会社
株式会社阿波銀行
いよぎんキャピタル株式会社
※敬称略順不同
会社名
株式会社電脳交通
所在地
本社:徳島県徳島市幸町3丁目101 リーガルアクシスビル4F(googleマップ)
東京サテライトオフィス:東京都千代田区丸の内1丁目1−3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階 ビジネスエアポート東京(googleマップ)
設立
2015年12月17日
資本金
資本金 454,096,560円
資本準備金 437,596,560円
(※2020年10月15日時点)
事業内容
タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス
主要株主
株式会社Mobility Technologies(旧JapanTaxi株式会社)
株式会社JR西日本イノベーションズ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社ブロードバンドタワー
三菱商事株式会社
エムケイ株式会社
第一交通産業株式会社
JR東日本スタートアップ株式会社
株式会社阿波銀行
いよぎんキャピタル株式会社
※敬称略順不同
会社名
株式会社電脳交通
所在地
本社:徳島県徳島市幸町3丁目101 リーガルアクシスビル4F(googleマップ)
東京サテライトオフィス:東京都千代田区丸の内1丁目1−3 日本生命丸の内ガーデンタワー3階 ビジネスエアポート東京(googleマップ)
設立
2015年12月17日
資本金
資本金 454,096,560円
資本準備金 437,596,560円
(※2020年10月15日時点)
事業内容
タクシー配車システム開発・提供
タクシー会社の配車業務受託運営サービス
主要株主
株式会社Mobility Technologies(旧JapanTaxi株式会社)
株式会社JR西日本イノベーションズ
株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ
株式会社ブロードバンドタワー
三菱商事株式会社
エムケイ株式会社
第一交通産業株式会社
JR東日本スタートアップ株式会社
株式会社阿波銀行
いよぎんキャピタル株式会社
※敬称略順不同

■ 経営陣紹介

■ 経営陣紹介

corporation/kondo_profile

近藤洋祐

代表取締役社長 CEO兼Founder
徳島市生まれ、メジャーリーガーを目指しアメリカ留学から帰国後、吉野川タクシーに入社、2012年に代表取締役に就任し、債務超過寸前の状態からV字回復を実現、2015年電脳交通を創業し代表取締役に就任。徳島大学客員教授
corporation/bando_profile

坂東勇気

取締役 CTO兼Founder
阿波市生まれ、株式会社エニッシュ、株式会社ゼンリンデータコム、テクノモバイルを経てGTラボ設立 代表取締役就任、2015年近藤と共に電脳交通を創業し取締役CTOに就任。
corporation/kitajima_profile

北島昇

取締役 COO
新潟県長岡市生まれ、早稲田大学中退後に起業、その後株式会社ガリバーインターナショナル(現IDOM)に入社、2016年から同社執行役員就任(経営企画・新規事業・人事・広報担当)を経て2019年電脳交通 取締役COOに就任。
corporation/kondo_profile

近藤洋祐

代表取締役社長 CEO兼Founder
徳島市生まれ、メジャーリーガーを目指しアメリカ留学から帰国後、吉野川タクシーに入社、2012年に代表取締役に就任し、債務超過寸前の状態からV字回復を実現、2015年電脳交通を創業し代表取締役に就任。徳島大学客員教授
corporation/bando_profile

坂東勇気

取締役 CTO兼Founder
阿波市生まれ、株式会社エニッシュ、株式会社ゼンリンデータコム、テクノモバイルを経てGTラボ設立 代表取締役就任、2015年近藤と共に電脳交通を創業し取締役CTOに就任。
corporation/kitajima_profile

北島昇

取締役 COO
新潟県長岡市生まれ、早稲田大学中退後に起業、その後株式会社ガリバーインターナショナル(現IDOM)に入社、2016年から同社執行役員就任(経営企画・新規事業・人事・広報担当)を経て2019年電脳交通 取締役COOに就任。
corporation/muraguchi_profile

村口和孝

社外取締役
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表
corporation/manabe_profile

真鍋康正

社外取締役
ことでんグループ代表、高松琴平電気鉄道社長
corporation/hidaka_komon_profile

日高洋祐

戦略顧問
株式会社MaaS Tech Japan代表取締役、著書「MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ」
corporation/okada_kansa_profile

岡田育大

監査役
公認会計士・税理士 岡田育大事務所
corporation/manabe_kansa_profile

真鍋直敬

監査役
真鍋法律事務所
corporation/muraguchi_profile

村口和孝

社外取締役
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表
corporation/manabe_profile

真鍋康正

社外取締役
ことでんグループ代表、高松琴平電気鉄道社長
corporation/hidaka_komon_profile

日高洋祐

戦略顧問
株式会社MaaS Tech Japan代表取締役、著書「MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ」
corporation/okada_kansa_profile

岡田育大

監査役
公認会計士・税理士 岡田育大事務所
corporation/manabe_kansa_profile

真鍋直敬

監査役
真鍋法律事務所
corporation/kondo_profile

近藤洋祐

代表取締役社長 CEO兼Founder
徳島市生まれ、メジャーリーガーを目指しアメリカ留学から帰国後、吉野川タクシーに入社、2012年に代表取締役に就任し、債務超過寸前の状態からV字回復を実現、2015年電脳交通を創業し代表取締役に就任。徳島大学客員教授
corporation/bando_profile

坂東勇気

取締役 CTO兼Founder
阿波市生まれ、株式会社エニッシュ、株式会社ゼンリンデータコム、テクノモバイルを経てGTラボ設立 代表取締役就任、2015年近藤と共に電脳交通を創業し取締役CTOに就任。
corporation/kitajima_profile

北島昇

取締役 COO
新潟県長岡市生まれ、早稲田大学中退後に起業、その後株式会社ガリバーインターナショナル(現IDOM)に入社、2016年から同社執行役員就任(経営企画・新規事業・人事・広報担当)を経て2019年電脳交通 取締役COOに就任。
corporation/kondo_profile

近藤洋祐

代表取締役社長 CEO兼Founder
徳島市生まれ、メジャーリーガーを目指しアメリカ留学から帰国後、吉野川タクシーに入社、2012年に代表取締役に就任し、債務超過寸前の状態からV字回復を実現、2015年電脳交通を創業し代表取締役に就任。徳島大学客員教授
corporation/bando_profile

坂東勇気

取締役 CTO兼Founder
阿波市生まれ、株式会社エニッシュ、株式会社ゼンリンデータコム、テクノモバイルを経てGTラボ設立 代表取締役就任、2015年近藤と共に電脳交通を創業し取締役CTOに就任。
corporation/kitajima_profile

北島昇

取締役 COO
新潟県長岡市生まれ、早稲田大学中退後に起業、その後株式会社ガリバーインターナショナル(現IDOM)に入社、2016年から同社執行役員就任(経営企画・新規事業・人事・広報担当)を経て2019年電脳交通 取締役COOに就任。
corporation/muraguchi_profile

村口和孝

社外取締役
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表
corporation/manabe_profile

真鍋康正

社外取締役
ことでんグループ代表、高松琴平電気鉄道社長
corporation/hidaka_komon_profile

日高洋祐

戦略顧問
株式会社MaaS Tech Japan代表取締役、著書「MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ」
corporation/okada_kansa_profile

岡田育大

監査役
公認会計士・税理士 岡田育大事務所
corporation/manabe_kansa_profile

真鍋直敬

監査役
真鍋法律事務所
corporation/muraguchi_profile

村口和孝

社外取締役
日本テクノロジーベンチャーパートナーズ(NTVP)代表
corporation/manabe_profile

真鍋康正

社外取締役
ことでんグループ代表、高松琴平電気鉄道社長
corporation/hidaka_komon_profile

日高洋祐

戦略顧問
株式会社MaaS Tech Japan代表取締役、著書「MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ」
corporation/okada_kansa_profile

岡田育大

監査役
公認会計士・税理士 岡田育大事務所
corporation/manabe_kansa_profile

真鍋直敬

監査役
真鍋法律事務所

■ 沿革

■ 沿革

2015/12 CEO近藤とCTO坂東が出会い、株式会社電脳交通を徳島で創業。配車システムVer1.0完成
2016/11 とくしま創生アワード2016 大賞
2017/09 ベンチャー通信「注目の西日本ベンチャー100」に選出
2018/05 福岡CC拠点開設
2018/06 NTTドコモ、ブロードバンドタワーとの資本業務提携、1.5億円の資金調達
2018/09 岡山CC拠点を開設
2018/11 TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトル ファイナリスト選出
2018/12 JR西日本グループと資本業務提携
2019/02 経営陣にCOO北島、戦略顧問日高が参画
2019/03 導入台数が1,000台突破
2019/11 東京オフィスを開設、首都圏および東日本エリア本格展開
2020/01 2.2億円の資金調達、「地域交通アライアンス」発足
2020/04 神戸CC拠点開設
2020/08 第一交通産業との業務提携
2020/10 エムケイとの業務提携、4.7億円の資金調達
2015/12 CEO近藤とCTO坂東が出会い、株式会社電脳交通を徳島で創業。配車システムVer1.0完成
2016/11 とくしま創生アワード2016 大賞
2017/09 ベンチャー通信「注目の西日本ベンチャー100」に選出
2018/05 福岡CC拠点開設
2018/06 NTTドコモ、ブロードバンドタワーとの資本業務提携、1.5億円の資金調達
2018/09 岡山CC拠点を開設
2018/11 TechCrunch Tokyo 2018スタートアップバトル ファイナリスト選出
2018/12 JR西日本グループと資本業務提携
2019/02 経営陣にCOO北島、戦略顧問日高が参画
2019/03 導入台数が1,000台突破
2019/11 東京オフィスを開設、首都圏および東日本エリア本格展開
2020/01 2.2億円の資金調達、「地域交通アライアンス」発足
2020/04 神戸CC拠点開設
2020/08 第一交通産業との業務提携
2020/10 エムケイとの業務提携、4.7億円の資金調達

■ 創業の想い

■ 創業の想い

これは創業者の近藤と坂東が創業当時に執筆し、以前のウェブサイトに掲載されていた企業理念です。
いまも変わらず電脳交通の根底にある思いです。
交通を電脳化。そして、人々の移動を充たしていく。
株式会社電脳交通 代表取締役 近藤洋祐
私はアメリカ留学時代、「Map Quest®」というウェブサービスを利用して旅をしていました。
当時としては最新のナビゲーションサービスでしたが、迷いながらもなんとか目的地にたどり着くことばかりで、
運転するドライバーにとっては不十分なサービス内容でした。

その後、ITの発達により交通系ウェブサービスやアプリが数多く登場し、より効率化されていきました。
スマートフォンを持っていれば、いつどこでも迷うことなく、目的地へ到着できる時代となりました。

2009年、私は地元へUターンし、家族が経営する地方の小さなタクシー会社へ入社しました。
人口減やモータリゼーションなどの影響によって地方の交通業界は衰退を続けており、
私が入社した会社も平成元年より25年連続で売上高が減少していました。
こで立ち上げた経営再建計画の骨子案は、ITを積極的に経営に取り入れ、
「顧客に寄り添ったかたちのイノベーション」を起こすことで、
人々に新しい移動する価値を提供していくというものでした。

経営再建に成功したその会社には、メディアでの報道や全国のタクシー会社からの視察が相次いでいます。
わずか9台の小さなタクシー会社から生まれた、様々なITサービス。

このサービスを全国の中小タクシー会社へ提供できれば、
同じ課題を抱える地域の交通機関の衰退に歯止めをかけられるかもしれない。
そんな思いから「電脳交通」は誕生しました。

ITの力で地域課題を解決したい
株式会社電脳交通 最高技術責任者 坂東勇気
ITというのは、まったく新しい何かを生み出すものではなく、既存の課題を一つずつ解決するような事が得意です。
地方にこそITの力が必要なのですが、いざ何かしようとしても難しい事が多いです。

人材が少ない、業務や行政寄りの企業が多く、コンシューマー向けが苦手、大手開発会社が法外な価格を提示する、
無知につけこんで使えないものを売り込まれる、など。

私自身、地方のエンジニアとしてそれを何とかしたいと思っていたところ近藤と出会いました。
彼は田舎のタクシー会社の社長なのに、渋谷系ベンチャーみたく尖った企画を色々考えている。

ただ違うのは、タクシー事業者というハートを持っているからこそ、現実的な視点を持っている点です。
特に『電脳交通』の「利用者」だけではなく「既存の事業者様」にとっても価値の高いサービスを生み出していく
という点に共感しました。ITは誰かが儲けたその影で誰かが切り捨てられるのではなく、万人を救う手段だと思っています。

これは創業者の近藤と坂東が創業当時に執筆し、以前のウェブサイトに掲載されていた企業理念です。
いまも変わらず電脳交通の根底にある思いです。
交通を電脳化。そして、人々の移動を充たしていく。
株式会社電脳交通 代表取締役 近藤洋祐
私はアメリカ留学時代、「Map Quest®」というウェブサービスを利用して旅をしていました。
当時としては最新のナビゲーションサービスでしたが、迷いながらもなんとか目的地にたどり着くことばかりで、
運転するドライバーにとっては不十分なサービス内容でした。

その後、ITの発達により交通系ウェブサービスやアプリが数多く登場し、より効率化されていきました。
スマートフォンを持っていれば、いつどこでも迷うことなく、目的地へ到着できる時代となりました。

2009年、私は地元へUターンし、家族が経営する地方の小さなタクシー会社へ入社しました。
人口減やモータリゼーションなどの影響によって地方の交通業界は衰退を続けており、
私が入社した会社も平成元年より25年連続で売上高が減少していました。
こで立ち上げた経営再建計画の骨子案は、ITを積極的に経営に取り入れ、
「顧客に寄り添ったかたちのイノベーション」を起こすことで、
人々に新しい移動する価値を提供していくというものでした。

経営再建に成功したその会社には、メディアでの報道や全国のタクシー会社からの視察が相次いでいます。
わずか9台の小さなタクシー会社から生まれた、様々なITサービス。

このサービスを全国の中小タクシー会社へ提供できれば、
同じ課題を抱える地域の交通機関の衰退に歯止めをかけられるかもしれない。
そんな思いから「電脳交通」は誕生しました。

ITの力で地域課題を解決したい
株式会社電脳交通 最高技術責任者 坂東勇気
ITというのは、まったく新しい何かを生み出すものではなく、既存の課題を一つずつ解決するような事が得意です。
地方にこそITの力が必要なのですが、いざ何かしようとしても難しい事が多いです。

人材が少ない、業務や行政寄りの企業が多く、コンシューマー向けが苦手、大手開発会社が法外な価格を提示する、
無知につけこんで使えないものを売り込まれる、など。

私自身、地方のエンジニアとしてそれを何とかしたいと思っていたところ近藤と出会いました。
彼は田舎のタクシー会社の社長なのに、渋谷系ベンチャーみたく尖った企画を色々考えている。

ただ違うのは、タクシー事業者というハートを持っているからこそ、現実的な視点を持っている点です。
特に『電脳交通』の「利用者」だけではなく「既存の事業者様」にとっても価値の高いサービスを生み出していく
という点に共感しました。ITは誰かが儲けたその影で誰かが切り捨てられるのではなく、万人を救う手段だと思っています。

これは創業者の近藤と坂東が創業当時に執筆し、以前のウェブサイトに掲載されていた企業理念です。
いまも変わらず電脳交通の根底にある思いです。
交通を電脳化。そして、人々の移動を充たしていく。
株式会社電脳交通 代表取締役 近藤洋祐
私はアメリカ留学時代、「Map Quest®」というウェブサービスを利用して旅をしていました。
当時としては最新のナビゲーションサービスでしたが、迷いながらもなんとか目的地にたどり着くことばかりで、
運転するドライバーにとっては不十分なサービス内容でした。

その後、ITの発達により交通系ウェブサービスやアプリが数多く登場し、より効率化されていきました。
スマートフォンを持っていれば、いつどこでも迷うことなく、目的地へ到着できる時代となりました。

2009年、私は地元へUターンし、家族が経営する地方の小さなタクシー会社へ入社しました。
人口減やモータリゼーションなどの影響によって地方の交通業界は衰退を続けており、
私が入社した会社も平成元年より25年連続で売上高が減少していました。
こで立ち上げた経営再建計画の骨子案は、ITを積極的に経営に取り入れ、
「顧客に寄り添ったかたちのイノベーション」を起こすことで、
人々に新しい移動する価値を提供していくというものでした。

経営再建に成功したその会社には、メディアでの報道や全国のタクシー会社からの視察が相次いでいます。
わずか9台の小さなタクシー会社から生まれた、様々なITサービス。

このサービスを全国の中小タクシー会社へ提供できれば、
同じ課題を抱える地域の交通機関の衰退に歯止めをかけられるかもしれない。
そんな思いから「電脳交通」は誕生しました。

ITの力で地域課題を解決したい
株式会社電脳交通 最高技術責任者 坂東勇気
ITというのは、まったく新しい何かを生み出すものではなく、既存の課題を一つずつ解決するような事が得意です。
地方にこそITの力が必要なのですが、いざ何かしようとしても難しい事が多いです。

人材が少ない、業務や行政寄りの企業が多く、コンシューマー向けが苦手、大手開発会社が法外な価格を提示する、
無知につけこんで使えないものを売り込まれる、など。

私自身、地方のエンジニアとしてそれを何とかしたいと思っていたところ近藤と出会いました。
彼は田舎のタクシー会社の社長なのに、渋谷系ベンチャーみたく尖った企画を色々考えている。

ただ違うのは、タクシー事業者というハートを持っているからこそ、現実的な視点を持っている点です。
特に『電脳交通』の「利用者」だけではなく「既存の事業者様」にとっても価値の高いサービスを生み出していく
という点に共感しました。ITは誰かが儲けたその影で誰かが切り捨てられるのではなく、万人を救う手段だと思っています。

これは創業者の近藤と坂東が創業当時に執筆し、以前のウェブサイトに掲載されていた企業理念です。
いまも変わらず電脳交通の根底にある思いです。
交通を電脳化。そして、人々の移動を充たしていく。
株式会社電脳交通 代表取締役 近藤洋祐
私はアメリカ留学時代、「Map Quest®」というウェブサービスを利用して旅をしていました。
当時としては最新のナビゲーションサービスでしたが、迷いながらもなんとか目的地にたどり着くことばかりで、
運転するドライバーにとっては不十分なサービス内容でした。

その後、ITの発達により交通系ウェブサービスやアプリが数多く登場し、より効率化されていきました。
スマートフォンを持っていれば、いつどこでも迷うことなく、目的地へ到着できる時代となりました。

2009年、私は地元へUターンし、家族が経営する地方の小さなタクシー会社へ入社しました。
人口減やモータリゼーションなどの影響によって地方の交通業界は衰退を続けており、
私が入社した会社も平成元年より25年連続で売上高が減少していました。
こで立ち上げた経営再建計画の骨子案は、ITを積極的に経営に取り入れ、
「顧客に寄り添ったかたちのイノベーション」を起こすことで、
人々に新しい移動する価値を提供していくというものでした。

経営再建に成功したその会社には、メディアでの報道や全国のタクシー会社からの視察が相次いでいます。
わずか9台の小さなタクシー会社から生まれた、様々なITサービス。

このサービスを全国の中小タクシー会社へ提供できれば、
同じ課題を抱える地域の交通機関の衰退に歯止めをかけられるかもしれない。
そんな思いから「電脳交通」は誕生しました。

ITの力で地域課題を解決したい
株式会社電脳交通 最高技術責任者 坂東勇気
ITというのは、まったく新しい何かを生み出すものではなく、既存の課題を一つずつ解決するような事が得意です。
地方にこそITの力が必要なのですが、いざ何かしようとしても難しい事が多いです。

人材が少ない、業務や行政寄りの企業が多く、コンシューマー向けが苦手、大手開発会社が法外な価格を提示する、
無知につけこんで使えないものを売り込まれる、など。

私自身、地方のエンジニアとしてそれを何とかしたいと思っていたところ近藤と出会いました。
彼は田舎のタクシー会社の社長なのに、渋谷系ベンチャーみたく尖った企画を色々考えている。

ただ違うのは、タクシー事業者というハートを持っているからこそ、現実的な視点を持っている点です。
特に『電脳交通』の「利用者」だけではなく「既存の事業者様」にとっても価値の高いサービスを生み出していく
という点に共感しました。ITは誰かが儲けたその影で誰かが切り捨てられるのではなく、万人を救う手段だと思っています。