logo.png

heroimg

News

ニュース
heroimg

News

ニュース

電脳交通、自宅がタクシー配車室になる「リモート機能」でタクシー業界でも在宅ワークを可能に

2021年03月25日

タクシー業界における働き方改革を通じ、採用力向上と業務効率化を実現

現場で使いやすく、常に最新版のクラウド型タクシー配車システムと、そのシステムを活用し柔軟に配車委託が可能なサービスを提供する株式会社電脳交通(代表取締役社長:近藤洋祐、本社:徳島県徳島市、以下電脳交通)は、withコロナ時代のタクシー業界における採用力向上や業務効率化に貢献する、「クラウド型タクシー配車システム」に自宅からタクシー配車管理ができる「リモート機能」を正式搭載したことを発表いたします。

この機能は、インターネット環境とブラウザとヘッドセットマイクさえあれば自宅からでも配車業務ができるようになるため、これまで困難だったタクシー業界の在宅ワークを可能にします。「リモート機能」は、以前より多くのタクシー事業者様からいただいていたタクシー配車室のリモート化に対するご要望をもとに、開発実装いたしました。

■ 背景

 日本国内のタクシー市場は、近年の市場縮小や就労者の高齢化に伴い、一部の都市圏や大手を除き経営難や人材採用に課題を抱えている事業者が多い状況にありました。さらに2020年の新型コロナウイルス流行以降は、社会全体でコロナ感染対策のためのリモートワーク導入が推進されている状況にあります。

 電脳交通は、こうした背景を踏まえ「タクシー事業者がリモートワーク可能となり、感染対策と同時に人材採用にも貢献するサービスの提供」を開発し、自社で開発するクラウド型配車システムに搭載しました。

 タクシーの配車室は既存システムのIT化の遅れによって業務場所が限定されてしまう状況にあります。従来の配車システムでは作業できる場所が限定されてしまうこと、個人情報を扱うためセキュリティの確保等の要因が、リモートワークをはじめとする働き方改革や業務効率化の促進を困難にしています。

 現場で使いやすく、古くならないクラウド型タクシー配車システムを提供する電脳交通は、「単なる配車システムにとどまらない、次世代のタクシー事業を創造するサービスの提供」を目指し、以前より多くのタクシー事業者様からいただいていた要望をもとに「リモート機能」をこのたび搭載いたしました。

■ 電脳交通の配車システム・リモート機能の特徴

電脳交通のクラウド型タクシー配車システムの「リモート機能」を活用すると、これまで社内に配備していた配車室と同様の機能を在宅・リモートワーク環境でも利用することが可能になります。

①専用デバイス不要
インターネット環境とブラウザとヘッドセットマイクさえあれば、自宅からも配車業務ができます。

②電脳交通のセキュリティ対策により、個人情報漏洩のリスクをなくす
リモートワーク環境における個人情報アクセス等を制御するセキュリティ対策機能により、情報漏洩のリスクをなくします。

③短時間勤務可能
リモートワーク環境により、短時間・在宅ワーク人材の確保も可能にします。

④経験に基づいた「欲しい機能」だけを搭載
これまでの電脳交通が請け負ってきたタクシー配車委託業務から、欲しい機能だけを搭載しました。

出勤のための市中移動が不要となるため、従業員の感染対策にも有効で、働き方改革や業務効率化の推進をサポートします。

■ 電脳交通のクラウド型タクシー配車システムについて

「クラウド型タクシー配車システム」は、現場で使いやすく古くならない事業者向けタクシー配車システムです。年100回を超えるシステムアップデートと導入前後の手厚いサポートにより、最新の配車システムを低価格で安心して利用することが可能で、現在32都道府県の事業者さまに選ばれております。
https://cybertransporters.com/service/


株式会社電脳交通の概要

会社名 :株式会社電脳交通(英語表記:Dennokotsu Inc.)
所在地 :徳島県徳島市幸町3丁目101リーガルアクシスビル4F
設 立 :2015年12月
代表者 :近藤 洋祐
従業員 :125名(2021年3月時点)  
資本金 :1億円(2021年3月時点)
主要株主:三菱商事、阿波銀行、いよぎんキャピタル、JR東日本スタートアップ、JR西日本イノベーションズ、Mobility Technologies、第一交通産業グループ、エムケイ、NTTドコモ・ベンチャーズ、ブロードバンドタワー(敬称略、順不同)

電脳交通、自宅がタクシー配車室になる「リモート機能」でタクシー業界でも在宅ワークを可能に

2021年03月25日

タクシー業界における働き方改革を通じ、採用力向上と業務効率化を実現

現場で使いやすく、常に最新版のクラウド型タクシー配車システムと、そのシステムを活用し柔軟に配車委託が可能なサービスを提供する株式会社電脳交通(代表取締役社長:近藤洋祐、本社:徳島県徳島市、以下電脳交通)は、withコロナ時代のタクシー業界における採用力向上や業務効率化に貢献する、「クラウド型タクシー配車システム」に自宅からタクシー配車管理ができる「リモート機能」を正式搭載したことを発表いたします。

この機能は、インターネット環境とブラウザとヘッドセットマイクさえあれば自宅からでも配車業務ができるようになるため、これまで困難だったタクシー業界の在宅ワークを可能にします。「リモート機能」は、以前より多くのタクシー事業者様からいただいていたタクシー配車室のリモート化に対するご要望をもとに、開発実装いたしました。

■ 背景

 日本国内のタクシー市場は、近年の市場縮小や就労者の高齢化に伴い、一部の都市圏や大手を除き経営難や人材採用に課題を抱えている事業者が多い状況にありました。さらに2020年の新型コロナウイルス流行以降は、社会全体でコロナ感染対策のためのリモートワーク導入が推進されている状況にあります。

 電脳交通は、こうした背景を踏まえ「タクシー事業者がリモートワーク可能となり、感染対策と同時に人材採用にも貢献するサービスの提供」を開発し、自社で開発するクラウド型配車システムに搭載しました。

 タクシーの配車室は既存システムのIT化の遅れによって業務場所が限定されてしまう状況にあります。従来の配車システムでは作業できる場所が限定されてしまうこと、個人情報を扱うためセキュリティの確保等の要因が、リモートワークをはじめとする働き方改革や業務効率化の促進を困難にしています。

 現場で使いやすく、古くならないクラウド型タクシー配車システムを提供する電脳交通は、「単なる配車システムにとどまらない、次世代のタクシー事業を創造するサービスの提供」を目指し、以前より多くのタクシー事業者様からいただいていた要望をもとに「リモート機能」をこのたび搭載いたしました。

■ 電脳交通の配車システム・リモート機能の特徴

電脳交通のクラウド型タクシー配車システムの「リモート機能」を活用すると、これまで社内に配備していた配車室と同様の機能を在宅・リモートワーク環境でも利用することが可能になります。

①専用デバイス不要
インターネット環境とブラウザとヘッドセットマイクさえあれば、自宅からも配車業務ができます。

②電脳交通のセキュリティ対策により、個人情報漏洩のリスクをなくす
リモートワーク環境における個人情報アクセス等を制御するセキュリティ対策機能により、情報漏洩のリスクをなくします。

③短時間勤務可能
リモートワーク環境により、短時間・在宅ワーク人材の確保も可能にします。

④経験に基づいた「欲しい機能」だけを搭載
これまでの電脳交通が請け負ってきたタクシー配車委託業務から、欲しい機能だけを搭載しました。

出勤のための市中移動が不要となるため、従業員の感染対策にも有効で、働き方改革や業務効率化の推進をサポートします。

■ 電脳交通のクラウド型タクシー配車システムについて

「クラウド型タクシー配車システム」は、現場で使いやすく古くならない事業者向けタクシー配車システムです。年100回を超えるシステムアップデートと導入前後の手厚いサポートにより、最新の配車システムを低価格で安心して利用することが可能で、現在32都道府県の事業者さまに選ばれております。
https://cybertransporters.com/service/


株式会社電脳交通の概要

会社名 :株式会社電脳交通(英語表記:Dennokotsu Inc.)
所在地 :徳島県徳島市幸町3丁目101リーガルアクシスビル4F
設 立 :2015年12月
代表者 :近藤 洋祐
従業員 :125名(2021年3月時点)  
資本金 :1億円(2021年3月時点)
主要株主:三菱商事、阿波銀行、いよぎんキャピタル、JR東日本スタートアップ、JR西日本イノベーションズ、Mobility Technologies、第一交通産業グループ、エムケイ、NTTドコモ・ベンチャーズ、ブロードバンドタワー(敬称略、順不同)